犬の目が乾く?! ~目ヤニが多い~

08.292015

この記事は2分で読めます

みなさんこんにちは!

deydeyです!

 

一気に涼しくなったと思ったらまた暑くなったりと

変な気候が続きますね~。

 

また病院が忙しくなりそうです(’・ω・`)

 

さて、本日は犬のドライアイ』についてお話しようと思います。

 

私もレーシックを行った後、しばらくドライアイになりましたが

結構辛いもんですねアレ・・・ まぁ治りましたけどね

 

しかし人間のドライアイと犬のドライアイは少し違うのです。

 

 

スポンサード リンク



 

 

犬のドライアイは立派な病気?!

2d48f1714bd17236ef5f8ce5bb9a5d72_s

 

人間の場合、原因は様々で、眼の使いすぎであったり

年齢により涙の量が少なくなったりと他にも色々な理由で

涙の量が少なくなり眼が乾き不快な症状があらわれます。

 

 

犬の場合は人間と少し違い、

自己免疫性疾患であることが多いです。

 

自己免疫性疾患というなんだか難しいですが簡単に言うと、

『自分の免疫が涙を作る場所を破壊して涙を作れなくする』

というなんとも理不尽な病気です。

 

他にも涙の油成分を作る場所(マイボーム腺と言います)

が塞がって『涙の油分不足』によって起こる場合などもありますが

これは人間と似ています。

 

 

なぜこんな事が起こるのかはまだ原因不明ですが

遺伝子などが関与してる可能性もあります。

 

 

まぁ、あんまり覚える必要もないですが、正式名称は

『乾性角結膜炎(KCS)』

と呼ばれます。

 

 

症状

 

犬のドライアイの主な症状はなんといっても

目ヤニです!

 

『目ヤニをこまめにとっても朝になるとべったりついてる!』

なんていうのは典型例です。

 

その他の症状として重症、慢性化すれば

充血角膜の白濁、角膜の乾燥があります。

 

もちろんこの症状がかならずしもドライアイ確定ではありませんが、

いずれにしろ の病気は手遅れになる場合もあります』 ので

これらの症状がある場合には早めに獣医の診察を受けるべきでしょう。

 

涙が全く出なくなってからでは治療が不可能になるということと

眼に涙が不足すると眼に傷がつきやすくなります。

また、慢性化すると腫瘍(ガン)の発生も起きやすくなる

と言われていますので適切な治療が必要です。

 

 

スポンサード リンク




 
 

検査と治療方法

134065

 

検査方法として一番メインなのは

シルマーティアーテストといいますが、

眼と涙袋の間に特殊な紙を挟み、1分で

試験紙が涙でどのくらい濡れるかで重症度を判定します。

 

他にも涙の油の成分の検査などありますが

詳しい検査については獣医さんにお任せしましょう。

 

重要なのは『飼い主さんに何ができるか』なのです。

 

この病気は基本、薬で治療します。

というか手術などで治せるものではありません。

 

先ほど免疫が関与してることが多いと説明しましたが

治療として免疫を抑える眼の軟膏や点眼薬を使います。

 

また、補助的に眼のうるおいを保つ点眼液なども

併用することもあります。

 

 

治療の効果が出るまで1ヶ月は待つ必要がありますが

効果が表れると驚くほどきれいな眼になります。

しかし、治療開始が遅すぎると効果が表れないこともあるので

早めの診断と治療が必要です。

 

 

まとめ

 

それでは本日のまとめです。

  • 犬のドライアイは免疫疾患が多い
  • 主な症状は目ヤニ
  • 治療は軟膏や点眼薬
  • ほっておくと手遅れになる

 

です。

 

眼の病気はたくさんありますが

基本的に進行が早く取り返しがつかなくなる病気が

多いので注意が必要です。

 

健康管理として毛並みだけではなく

時々眼にも注目してみましょう!

 

それでは!!ヽ(´▽`)/

 

 

 

スポンサード リンク




 

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。