『オヤツはほんのちょっとしかあげてません』 ~『ちょっと』ってどのくらいですか?~

12.092016

この記事は3分で読めます

こんにちは!

 

もともと寒がりな私ですがまだ平気です。

寒さのスタートダッシュがめちゃくちゃだったので

体が少し慣れたのかもしれません(’・ω・`)

 

 

さて、今日は病気の話は少しお休みにして

『オヤツ』のについて私の考えをお話したいと思います。

 

今回は耳が痛くなる話やきつい言葉があるかもしれませんが

そのくらいでないと伝わらない内容なのであしからず・・

 

 

スポンサード リンク


 

 

過度な肥満は病気の元

 

私が毎日の診療をしていると

最近は犬も猫も過度に肥満になっている場合も

珍しくありません。

 

過度な肥満は関節炎、糖尿病、膵炎、尿石症などなど

様々な病気の原因となることがあります。

 

そういった子を見ると病気予防のために獣医師として

ダイエットをすすめるのですが

軽く勧めたくらいでは成功率1割にも満たないです。

 

もちろん、きちんとカロリー計算などしても

病気や体質のせいで痩せれないという子もいるでしょう。

 

しかし多くの場合は人間と同じで食べ過ぎによることが多いです。

 

実際食べすぎというと人間だったら食べた本人の責任ですが

飼育されている犬や猫の場合は当然飼い主さんの責任ですよね。

 

『よかれと思って』、『かわいいから』と

オヤツをあげてどんどん肥満にさせたあげく病気になってしまった時に

初めて後悔する飼い主さんをたくさん見てきました。

 

 

この記事をご覧になっている飼い主さんで

自分の子が肥満と言われている場合は

どうかこのまま最後までおつきあい頂けると嬉しいです。

 

 

感覚の違いを見直そう

 

『自分の子を痩せさせることができない』

という飼い主さんに多く見られる傾向があります。

 

それは

痩せさせようとフードを減らしているがオヤツは減らしてない

というパターンです。

 

人間で言えダイエット中と言ってゴハンを減らして

ポテトチップスを普通に食べているようなものです。

 

でもなぜそんな感覚になるのかと最初は分からなかったんですが

色んな方のお話を聞いているうちに原因の一つが分かりました。

 

それは『大きさや量対しての感覚の違い』です。

 

どういうことか実際の私のやりとりを例に挙げてみます。

 

5キロ位のトイプードルさんの一例↓

→オーナーさん オレンジ→deydey

 

『先生、ゴハン減らしてはいるんですけど

なかなか体重が減らないんですよ~』

 

『なるほど~他になにかオヤツなどはあげていますか?』

 

『犬用のビスケットをあげてますけどちょっとしかあげてません』

 

『ちょっとって大きさはどのくらいで一日に何枚くらいあげてますか?』

 

『10円玉くらいのやつを一日に5枚くらいです

 

じゃあそのビスケットを人間が35枚食べたらどうですか?

この子の体格で人間のカロリーに置き換えるとそうなります』

 

『あーそっか・・それじゃ痩せないですね・・』

 

と、初めて気づきます。

体重5キロの犬の必要カロリーは成人の約1/7です。

 

なのでオヤツを5キロの犬にあげようとする時

単純に7倍したときが人間が食べた時の量と考えれば

分かりやすいです。

 

『ちょっとだけ』、『ほんのすこし』の感覚を見直して欲しいのです。

 

 

スポンサード リンク


 

 

意識しながらあげよう

 

先ほどは理解しやすいように一例として話しましたが

『カロリー計算はそんな単純じゃない』

って言う人もいるかもしれませんが、、

大事なことはそこじゃないんです。

 

 

カロリーなどをキチンと計算してる飼い主さんは

自分の子を過度に肥満にしないからいいんです。

 

それにオヤツにそこまで計算してる方は少ないと思います。

 

 

要は自分の子に何かを与えようと思ったとき

面倒なカロリー計算をしろなんて言いませんから

これは人間だったらどの位の量なんだろう?

と意識しながらあげて欲しいのです。

 

 

こういうことを意識するだけでも思いももかけず

たくさんの量をあげてしまうということも減らせると思います。

 

 

みなさんの『ちょっと』ってどのくらいですか?

 

 

まとめ

 

本日のまとめです。

  • 犬猫でも過度の肥満は万病の元
  • オヤツの量や大きさの感覚を見直す
  • 人間だったら・・という意識をもつ

 

です。

 

辛らつな表現になってしまっていたら申し分けないんですが

このくらいはっきり伝えないとなかなか伝わらない内容の一つなのです。

 

今日の記事をご覧になられた方の一人でも多くの方が

痩せさせると漠然としたものを意識するのではなく

より具体的なものを意識してもらえると嬉しいです。

 

 

本日も最後までお読み下さりありがとうございました!ヽ(´▽`)/

 

 

スポンサード リンク


 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。