猫にもフィラリア!予防と治療方法は?

04.282015

この記事は3分で読めます

こんにちは!deydeyです^^

 

やっと暖かくなってきましたねぇ~

 

私は寒いのが大嫌いなので春になると

『俺の時代がきた!』

とひそかにガッツポーズをします。

 

 

さて、暖かくなるとワンちゃんの飼い主が病院に

こぞって来はじめます。

 

そう、フィラリア予防の時期だからです。

(フィラリアについてご存知ない方はこちらの記事をどうぞ)

 

実は今までフィラリアといえば犬の病気だったのですが、

フィラリアにかかった猫の報告がどんどんあがっています。

 

今日は少しずつ認知されつつある猫のフィラリア症について

お話してみようと思います。

 

 

スポンサード リンク

 

 

 なぜ最近になって猫のフィラリア症が増えたのか

 

まだ私が新人だった8年前ではフィラリアは基本的には

犬(フェレットもかかりやすいと言われている)の病気であり、

猫については情報が多くありませんでした。

 

せいぜい死亡したノラ猫を調べるとフィラリアに感染したものがいる

という位のものでしたのでここ数年で

『フィラリアにかかった猫が増えている』

と言われるようになり、私自身びっくりしました。

 

さらに驚いたのが外で生活する猫ではなく

『100%室内飼いの猫 でもフィラリア症が報告されている』

という事でした。。

 

では何故フィラリアにかかる猫が増えたのでしょう・・?

 

温暖化なども原因の一つの可能性もありますが

一番の理由はフィラリアにかかる猫が増えたわけではなく

猫のフィラリア症を認知して診断するようになっ

ことが増えた様に感じる大きな理由だと思います。

 

しかし、やっかいなことに

猫のフィラリア症には確実な検査方法が確立されておらず

それも猫のフィラリ症の認知を遅らせる原因となりました。

 

 

 

猫フィラリア症の症状

7bc6e005aea4ade8271fc49cab7bdffc_s

 

 

犬ではほとんどが心臓に関する症状ですが、

猫のフィラリア症の症状は

 

  • 呼吸困難
  • 嘔吐
  • 失神
  • 突然死

 

など呼吸に関する症状多いのです。

また、原因不明の突然死はフィラリアが関わっていた可能性があります。

 

急に咳が出だしたり、呼吸困難が表れたら

フィラリア症の可能性も0ではありません!

 

 

猫フィラリア症の予防方法

 

猫のフィラリアは先ほども話したように確実な検査方法がなく

なかなか診断がつかず手遅れになる場合もあるのです。

 

なので室内飼いでも外飼いでも予防がとても大切になります。

 

上記の写真は商品名 『レボリューション』 というものですが

1ヶ月に1回、首の後ろに垂らすだけ

完璧なフィラリア予防ができます。

 

ついでにノミ予防もできちゃうので獣医師からみても

とても良いお薬だと思います。

 

副作用も今のところ1件も経験しておらず

安全性の高い薬でもあります。

 

ホームセンターなどでは売っていませんので

動物病院に相談してくださいね。

 

 

治療方法は?

 

万が一、フィラリア症と診断された場合

どういう治療をするのでしょうか?

 

猫のフィラリア症の場合、

犬の様に虫を殺すような治療はしません。

 

それは急に死んだフィラリアが血管に詰ったり、

フィラリアの死体に体が反応してショックを起こすからです。

 

なので治療は病気を進行させないようにし、

フィラリアが寿命で死ぬのを待つ治療となります。

 

肺の症状を抑える薬を飲みながら新たなフィラリアが

入ってこないように予防を確実に行っていくのです。

 

しかし一度肺をやられるとお薬を切ることができない

場合も多くあるようでやはりフィラリア症にかかるまえに

予防したいですね!

 

 

まとめ

 

今日のまとめです(´∀`ゞ

 

  • フィラリア症は猫にもかかる!
  • 猫フィラリア症を診断するのは難しい!
  • 症状は主に呼吸器症状、突然死もある!
  • 予防には『レボリューション』!
  • 治療は薬を飲みながらフィラリアの寿命を待つ!

 

です。

 

今回は少し難しいお話もあったかもしれませんが

とても大事なお話なので是非読み返して欲しい

情報です。

 

本日も最後までお読みくださってありがとうございました!

 

 

スポンサードリンク

 

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。