犬が風邪薬を食べたらどうなるの?

05.212015

この記事は2分で読めます

 

こんにちは!deydeyです。

 

みなさん風邪はよくひくほうですか?

 

私は1年に1回もひかないくらいで

健康だと思い込んでいましたが

子供ができたとたんひくわひくわ・・・・

 

子供がもらう風邪って強力なんですね(’・ω・`)

 

 

さて、今回は風邪薬についてお話します。

 

と言ってもどんな種類とかいった話ではなく

『人間の風邪薬を飲むとどうなってしまうのか』

というお話です。

 

 

スポンサード リンク




 

 

風邪薬の成分『イブプロフェン』

8197cad08f03d69a528768cec7e1c82f_s

 

風邪薬と言っても色んなタイプがありますよね~

 

解熱剤や鼻水をおさえたり漢方薬だったり・・

 

 

今回は危険な成分で風邪薬によく入っている

『イブプロフェン』についてお話しします。

 

 

『イブプロフェン』は人間の風邪薬や頭痛薬に入っています。

 

痛みや熱を下げるためのものですが

犬や猫にとっては安全域(飲んでも害のない量の範囲)が狭く、

人間の風邪薬を間違って投薬してしまった場合、

簡単に中毒になってしまいます。

 

飼っている犬や猫ちゃんが風邪っぽいからといって

人間の風邪薬を与えるのは絶対にやめましょう!

 

 

イブプロフェン中毒の症状

 

主な障害は肝障害、腎不全、消化器症状ですが、

分かりやすい症状としては

 

  • 元気がなくなる
  • 嘔吐する
  • 血便がでる
  • 黄疸(皮膚や目が黄色くなる)

などです。

 

投薬量が多ければ死亡することもあります!

 

 

どのくらい飲んだら危険なのか気になるところですが

中毒量は特に決まっていません!

(その子によって中毒症状にかなりバラつきがあります。)

 

 

イブプロフェンが入っている風邪薬を1錠でも飲んだ場合

獣医師が何を投薬したのか把握できる様に

飲んだものと同じ風邪薬や成分が書いた箱をもって

すぐに動物病院に行きましょう!

 

 

人間と動物の薬

風邪薬

 

動物に対して獣医も人間の薬は使います。

しかし、動物に使ってはいけない薬も沢山あります。

 

 

今回は風邪薬のお話でしたが

頭痛薬によく入ってる『アスピリン』など

沢山あげてはいけない成分は他にもあります。

 

 

誤食ももちろん注意しなければなりませんが

自己判断で動物に投薬するのは避けましょう!

 

 

スポンサード リンク




 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。